Amazonギフト券買取手続きに本人確認が必須となっている理由

Amazonギフト券買取を申し込む場合、必ず身分証明書を提出して本人確認が行われます。そのショップと初めて取り引きを行うかたが対象で、省略することができません。
確認の方法と、なぜ提出が必要か、その理由を説明していきましょう。

取り引き時のリスク回避のために必要な本人確認

まず、Amazonギフト券などの金券類買取を行っている業者の多くが、自治体に古物商としての許可を取って営業をしています。電子ギフト券の買取のみであれば、古物商許可を取らずに買取業務を行えますので、許可番号が記載されていないサイトでも違法ではありません。ただ、他のさまざまなチケット類を幅広く取り扱っている業者であれば必要ですし、業者としての信頼性も高められるため、取得しているところが多いのです。
そして、古物商として中古品売買を行っているのであれば、取り引き相手の身元証明として、本人確認が法律で義務づけられています。買い取った商品に何らかのトラブルがあった時に売買ルートを確認するためでもありますし、本人確認を行うことで証拠を残すことになり、不正利用者を除外できて犯罪予防策にもなるのです。
ネット上で個人情報を入力したり、本人確認のためとはいえ身分証明書の提出を求められることに抵抗があるというかたも少なくありませんが、安全な取り引きのためには必要な手続きになります。
Amazonギフト券買取の際の本人確認は、顔写真が入っている身分証明書の写真をメール送信するだけで、時間はかかりません。写真のない身分証明書しか所持していない場合には、複数の公的証明書の提出が求められます。
なお、申し込みをした本人と身分証明書、振り込み指定口座の名義はすべて一致している必要がありますので気をつけてください。

前もって用意して申し込もう

本人確認のために身分証明証の写真がいりますので、あらかじめ撮っておいたものを送信できる状態に準備しておくと手続きがスムーズです。
逆に、本人確認が求められない買取業者は悪徳業者の可能性もありますので、避けるようにしましょう。