お金に興味ないということは果たして正しいと言えるのだろうか

お金の話というのは繊細な話題であり、ややもすればお金が欲しい、お金をできるだけ稼ぎたいと口に出すことすらも悪とされがちです。ならば、お金に興味が無いというのが正しいのでしょうか。それもまた偏った意見です。大抵の人は欲しいものがあります。それが一見お金では買えないものだとしても、そこにたどり着くまでにはお金を必要とするものは多いです。例えば、片想い中の異性に自分のことを見てもらおうとすれば外見を整えるはずです。そのためには、決して小さなお金では足りません。1つ気になれば別のところが気になりだし、その分使うお金がどんどん増えていきます。結果、異性の気持ちというお金では買えないものを手に入れるためにお金を使ってしまっています。お金は所詮、取引の中間でやりとりされるものなのでお金にしか興味がないというのは確かに問題があります。しかし、お金に興味がないというのもまた、先が見えていないと言えるのではないでしょうか。